2010年09月24日

仮組2

昨日撮り溜めてたDTMのレースを視てて思い出したのですが、いつの間にか来月に発売予定なんですね。
audi_TC.jpgmb_GP.jpg
アウディとメルセデスのDTM2009マシン。河童さんが現在製作中のカリフォ〜ニアと同じレベル製、最近のは結構出来が良いとのことなので楽しみにしています。
定価は最近のF1キット並みの5040円。ほんとたけ〜よな〜、たしかにカルトグラフの大判デカールが付属してるとは言え、せめて3000円以内にしといてほしいもんです。某家電系通販では3780円で購入出来るけど何台も積める金額じゃないよふらふら
アウディはトムクリ、メルセデスはパフェに決めてるけど、本音はアウディ用に赤牛エクストロームのデカールがアフターでどこからか出るのに期待しとります。
キットは2009年仕様だけどDTMは昨年から開発が凍結されてるので、2010年の今季も見かけは同じ車両を使用してます。今季仕様でデビクル先生のイエローメルセデスのデカールが出ても面白いかもw
2012年からスーパーGTやFIA-GT、アメリカシリーズなどと車両規定を統一して相互参戦出来るように調整されてるようですが、モタスポの活性化に繋がるならぜひ実現してほしいとこです。DTMつ〜とタミヤのアルファ155も早いとこ作ってみたくて、たまに箱を開けて眺めてたりしてますわーい(嬉しい顔)


さて、前回のデルタ編に続き今回はJS45編です。
SBSH0014fro.JPG
フロントウイング下部にスプリッターを6枚取り付け。え?縁が虫に喰われてる?いや〜ほんと面倒な作業で…。スプリッターをウイングの形状に合わせ削り込み、ハンダでササッと溶接固定しちゃおうとしたのですが、メタルに熱が取られるのか全然上手くいかずに無理に鏝を当ててたら縁に根元が当たってるのに気付かずで、「あっ!」と思ったら溶けてましたorz
結局は6枚中3枚はこれ以上のハンダ熱は危険と判断しエポキシボンドで固定しちゃってます。ハンダを綺麗に流すって本当に難しい…。
SBSH0017sha.JPG
リヤサス組んで車高の確認、ちょっとリヤが高すぎかな〜。ま、微調整で済みそうなレベルなんでコレで良しとしときましょう♪
SBSH0018tre.JPG
キット付属のレインタイヤにホイールね。ホイールのスポークが思った以上にシャープで良い出来なんですよ!疑問に思ったのは古いJS45で良かったのに、何でSA07のはあんなにgdgdだったのか…。できればこのぐらいのパーツをいつも望みたいっす。
SBSH0019tam.JPG
レインタイヤはさすがにアレなんで、タミヤのナロースリックに換装。ホイール幅をちょっと削るだけで合いそうです。
SBSH0020gaf.JPGSBSH0021gaf.JPG
さて、寸足らずな上に全然立体的じゃないガーニーフラップを、真鍮板をハンダで継ぎ足してさらに立体的に変更〜。左がキットのままで右が継ぎ足し加工後です。これは特に苦労も無く簡単に出来る作業なのでお勧めです。って、同じキットを製作してる方には言われるまでもない事でしょがあせあせ(飛び散る汗)
SBSH0030ruy.JPG
リヤウィングもメインとアンダーをハンダで固定。一番上のフラップも塗装前に固定したいとこだけど、塗り分けが難しくなるのでそこはエポキシで後付けの予定です。
SBSH0031riy.JPG
仮組みで載せてみたんだけど…あれ?何で?上手く嵌らないんだけど?え〜おかしいな〜。メタル単体だとちゃんと載ったのに…。んで、何が悪さしてるのかひっくり返して見ると、
SBSH0032riy.JPG

シャフトのセンター出てないじゃんたらーっ(汗)

はいはい、さっさと切り飛ばして同じ径の真鍮線に打ち替え〜。
SBSH0036rea.JPGSBSH0040riy.JPG
リヤ廻りはこんな感じ。ちなみに実車と差異があっても全然解りませんのでw
なんせJS45の画像資料がほとんど無いんですよ、F1モデリングでも掲載されたこと無いし、当時の総集編や雑誌を見ても正面とか前からのカットばかり…。パニスとか結構活躍したと思うけどマイナーマシンに変わりは無いんだよな〜。
SBSH0037nos.JPGSBSH0039nos.JPG
実車より短いと思えた特徴的なノーズにはエポキシパテを大まかな形状に盛って一晩乾燥。硬化したら少ない画像と見比べながらペーパーで整え、約7〜8mmぐらい延長してます。
SBSH0038nos.JPG
まあこんなもんですかね?あとはサフ吹いて凹凸やラインの繋がりを確認して再度調整します。どっかで見たような形状になったな?横からだけは今季のザウバーのマシンにノーズが似てるかも…。
SBSH0041.JPG
あとはインダクションの深掘りをして〜って懸架フック用の開口と繋がってしまったよ…orz


posted by 新米パパ at 17:52| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 1/20 JS45 じゃパ模祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7〜8mm延長って尋常ではないですな。諸々盛りだくさんでお疲れさんです。

 そういや随分長いことハンダ使ってないな〜。近々ガレキやろうと思ってんですが、スパンが開いてるから色々やらかしそうな予感。ウィングとスプリッターみたいにヒケとかあまり気にならない部分は板金用のフラックス使うとハンダ付け楽になるんじゃないかな?低温ハンダでもフラックス使えば結構効きますで。

 独レベルのDTMアウディ、私も密かに狙ってます。デカールも色々出てきそうな気もしますな。あのヘンタイなリアフェンダー後方の造形は立体物で見てみたいですし。
Posted by @河童 at 2010年09月25日 02:49
このリアウィング翼端板、そそられますねぇ。それにしてもスタジオらしいキットなようで…(苦笑) センターが出てないとか、これではとてもメーカーとして仮組みしたとは思えないですよね・・・アハハ。

ドイツレベルのDTM、素材として面白そうですよね。結局、少なくとも丸2シーズン分のワークスカーと、一部のカスタマーチーム仕様にできるわけで、発想とリリースのタイミングがよかったと思います。願わくば1/43でもお願いしたいところですが。
Posted by Yoshitaka at 2010年09月25日 12:42
>@河童さん
そのくらい盛って先端少し削ったから…それでも5mm以上延長してます(^^;

昨日ホームセンターでたまたま板金用のフラックスを見掛けたので早速ゲットw
通常のハンダ用フラックスより酸化性能が強いんですかね?まだ試してないけど楽しみ。ついでにペースト状のハンダも入手したのでそっちも上手く使えればと。

DTMのカナード満載のリヤフェンダーって、接触時にわざと壊れるように出来てませんかね?レース中こづき合って派手に飛ばしまくりで。
Posted by 新米パパ at 2010年09月26日 14:01
>Yoshitakaさん
ちょっと昔だったら情報も資料も無いので、特に疑問も持たずそのまま作れたんでしょうね(^^;
翼端板のエッチングは最近のより若干厚みがあって、こっちの方が扱いやすいかも。アジャスト用の窪みもいい感じです。

もし43で出てもアウディとメルセデス1台づつ買いますね!それこそ結構売れると思うんだけどな〜。童友社で例のシリーズじゃ…エアロが複雑すぎてダメかなw
Posted by 新米パパ at 2010年09月26日 14:16
これスタジヲでしたっけ?

なんか自分のスタジヲキット製作時の苦労が走馬燈のようによみがえるなぁ。ww

レベルのアウディ、ちょっと欲しいかも。でも以前レベル製品置いてた北京の店、ネット専売に移行してしまったので買えるかどうか・・・。
Posted by ワタナベ at 2010年09月26日 17:44
>ワタナベさん
ええ、スタジヲですとも(^^;

いつも言われてるよりマシだと思うんですけど、どうでしょ?SA07以来2箱目なんですが、まあそんときよりはサスやホイールも良さげなんで。比較の対象が悪いかな?w

ありゃ?個人輸入に続いて店舗での購入でも問題発生ですか〜。モデラーには融通の効かない環境になりつつあって大変ですね(-.-;
Posted by 新米パパ at 2010年09月26日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。