" />

2010年07月05日

リベット

いつの間にやら7月に突入〜と言ってもまだ梅雨真っ盛り。
模型部屋で扇風機の温風を浴びながら汗ダラなのは、サウナみたいで健康なんだか不健康なんだかw
夜になっても気温も湿度も下がらず、模型製作にはしんどいこの頃です。塗装なんてカブりまくりそうだし、昨夜エアブラシでレジンサフ吹いてたら空気中の水分なのか白い斑点が出たりしてます。一応湿気取りのフィルターをダブルでかましてますが、それでも取り切れないほど湿度が高いようで湿度計を見ると連日90%オーバーですもん。
模型部屋にもエアコンが欲しい…なんて家庭内稟議を上げても即却下でしょうけどねふらふら


てな訳で製作も相変わらずのスローペース、ついついエアコンが効いてる居間でW杯視たり、録り溜めてたレースや映画を視ちゃってますTV
SBSH0012rib.JPGSBSH0013riv.JPG
BT46Bは「タンスの肥やし」ならぬ引き出しの奥に眠ってたこんなツールを使って70年代のマシン特有のリベット表現をしてみました。ハセガワのリベットスタンパーとリベットゲージです。スタンパーの径は0.25mmで他に0.4mmもありますが、1/20スケールには0.25mmぐらいがちょうど良さそうです。
SBSH0014riv.JPGSBSH0016riv.JPG
使い方は簡単、リベットゲージを当ててずれないようにマスキングテープで止めたら、V部分を一ヶ所づつスタンパーでグリグリするだけです。プラの薄い部分は要注意です!最初力加減が解らず強くグリグリしてたら「パキッ!」と1ヶ所プラが欠けてしまいましたがく〜(落胆した顔)
BT46Bは実車の画像を確認するとリベットが一部千鳥で打ってあるので、まず一つ飛ばしで打ったら目盛り半分下げずらし、また一つ飛ばしで中間を打ってます。最初リベット打ちって面倒かと思い道具も出番無しで眠ったままでしたが、慣れると思ったより簡単でそんなに時間もかかってません。
リヤウイングにも実車通り0.3mmのプラ板を使って補強板を貼り、上下をリベット表現しといてます。
SBSH0015riv.JPG
サフを吹くとこんな感じ。まだ慣れてないこともあってリベット痕が均一じゃありませんが、まあこんなもんかな?塗装してクリアー吹いたらどうなるかな〜、ウレタンクリアーだとほとんど埋まっちゃうかな?となるとモノコックだけはラッカークリアーで仕上た方がいいのか…(悩
SBSH0018suh.JPGSBSH0019suh.JPG
湿度バリ高でジメジメが続いてるけど、雨が降ってない時間を狙って取り合えずレジンサフだけ吹いてます、でないと全然先に進めないしね。
にしてもサフを吹いて気付いた、このキット結構気泡が多い…022ほどじゃないけど似たような苦労が待ち受けてるようっすたらーっ(汗)


posted by 新米パパ at 15:53| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 1/20 Brabham BT46B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

こちらもリンク貼らせていただきました。
改めてじっくりブログ拝見しましたが、製作の参考に
なるし模型以外も楽しいですね。

これからもよろしくお願いいます。
Posted by long-tail at 2010年07月05日 21:45
そちらも、暑さとの戦いですかw
汗かきながら模型ってのはつらいですね何だかベタベタするし、筆塗りしようと思ってもすぐ固まってしまうし。
きのう今日は少し涼しかったんですが、また今週も暑くなるようで、うんざりです…。

リベット打ち、飛行機の人のほうがよくやると思いますが、やはり量が多いと神経衰弱になるようですね。
でもそれが快感に変わったりとか…。
70年代のマシン、リベット痕だらけのもあって、それはそれで迫力あってイイ!BT46はそれほどでもなかったと思いますが、当時画像見ると結構あるんですねえ。当然43では全然無視してましたw
Posted by おひつじ@tak at 2010年07月05日 22:27
>long-tailさん
リンクして頂きこちらこそありがとうございます。
なんせ好き勝手に脈絡も無いネタを書いてますので、製作の参考になるかは???ですが(^^;

こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 新米パパ at 2010年07月06日 09:53
>おひつじ@takさん
いや〜暑いのは毎年のことですが、今年は湿度が高い日がやたら続いてる気がします。まるで雨季の東南アジアのようで…日本も亜熱帯化してるんだと実感(-.-;
そうそう!昨夜も溶きパテを筆塗りしてたら固まるのが早いことw

基本リベットは飛行機や戦車がメインですもんね。面白いのは説明書に「自動車にもOK」と記載しつつランエボの絵が書いてます。ランエボってリベット痕そんなにあったっけ?と(^^;
43に同様のリベット打つなんて私にも無理っす、無視して当然すよ。
Posted by 新米パパ at 2010年07月06日 10:02
ども。ひさしぶりで。

こっちは梅雨はないので乾燥した日が続いてますけど、昨日は40度超え。orz 暑いというより熱いです。
カブリの心配はないし、乾燥機いらずなんですが、吹いた端から乾燥しちゃうので塗膜がなかなか滑らかになりません。


リベットスタンパー、私は持ってないのですが、サフを吹いた画像みるとどうやらリベット痕の周りはプラが盛り上がっちゃうみたいですね。ペーパーあてて均した方がよくないすか?
Posted by ワタナベ at 2010年07月06日 13:17
>ワタナベさん
どもです。
おひさと感じないぐらい、最近月日の経つのが早く感じてます(^^;

え?40度超?ぺ、北京って7月早々そんな高温に毎年なるんでしたっけ?
うちみたいな仕事で現場なんて行ってたら倒れそう(-.-;
まさに常時乾燥機の中に居るようなもんですな…。

スタンパーで打ったとこは確かにほんの少し盛り上がってるような手触りがします。今吹いてるサフは捨てサフみたいなもんで、昨夜気泡や傷を消すために筆塗りしまくった溶きサフと一緒に、ペーパー当てて全部落しちゃうぐらい均すつもりなので大丈夫かな〜と思ってます。でも、あまり均しすぎると折角打った痕が塗装で消えちゃうかもと、ちょっと心配しとります。
Posted by 新米パパ at 2010年07月06日 15:18
この時期ここまで気温があがるのは60年振りだそうです。

リベットスタンパーは、私だったらペーパーあてる前か後か、とにかく二度打ちするかなーとか思ったんですけどめんどくさそうなのであえて書かなかったんですが、やりませんか?ww
Posted by ワタナベ at 2010年07月06日 18:55
これ車模型では塗膜の厚みが問題で我が家では中々出番がないんですが、飛行機や戦車なんかだと重宝するんですよね。
 考えてみれば70年代のアルミモノコックリベット打ちとか、単に小穴開けるだけよりも良い演出が出来そうですな。
Posted by @河童 at 2010年07月07日 04:02
>ワタナベさん
ですよね、そんなん毎年のようになってたら大変だし。
しかし60年ぶり?過去にあったのも驚きですが、ちゃんと記録が残ってたのもちょっとビックリ(^^;

二度打ち?ナンデスカソレ?w
まあ初打ちなんで今後のために目立たないとこで追加で打っておいて一回のみと比較出来るようにしときます。
Posted by 新米パパ at 2010年07月07日 09:56
>@河童さん
そうそう塗膜が乗ってどうなるかがネックですね。参考にした製作例ではやはりその辺が理由なのか、クリアーをかなり薄く吹いてるようで研ぎ出しもしてないのか、デカールの段差も残ったままでした。
昨夜ペーパーで均したら何だか単なる傷痕にしか見えない部分も…(-.-;
どう演出が仕上がるかはお楽しみってことで。
Posted by 新米パパ at 2010年07月07日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。