2010年06月04日

下地処理

巷の79祭りも落ち着いて…え?まだ続いてる?(^^;
実際両社の売上数はどんな感じなんすかね?ちょっと気になるところです。まだうちは両方揃った訳ではないので比較なんて出来ませんが、どっかのメーカーの乱発ぶりとまでは言いませんが、今後もコンスタントに開発を続けてもらってシリーズを充実させて貰いたいもんです。
そういやアフターで欲しいかも?と思ったタミヤの79付属のDFVエンジン用ファンネルカバー。どれどれカスタマーサービスに注文すると幾らなんだ?え〜と、説明書のパーツ請求欄は…
SBSH0003set.JPG
あれれ?無いぞ?
どこにもそれらしい記載が無い。え?まさか初回特典のパーツだとか言わないよな?確か何か別のランナーと一緒に留めてあったハズ…
SBSH0002fan.JPG
これがそのパーツ、今気付いたけどBパーツに共留めしてあるじゃん。まさか!?と思ってパーツの価格欄を再度よ〜く見ると、

Bパーツ…840円也 orz

一際他のパーツより高額のコレかい?つまり、ファンネルカバーが欲しけりゃBランナーごと買えと?そ〜かい、そういう手でくるのね。ハセガワもデカールだけ請求するとキット1箱分ぐらいの値段だったりする手を最近使ってますが、再販の312T3やWR1のカルトデカールのようにタミヤのその点は良心的だと思ってたんですがね〜。2個セット200円ぐらいで商品化すりゃいいのにちっ(怒った顔)
SBSH0001p78.JPG
ついでにこんなキットも注文してたんよね〜デカールがカルトになった935-78です♪こちらは「MARTINI」に「DUNLOP」のロゴもしっかり入ってます。旧版を積んでる人だったらデカールだけ欲しくなるよな〜、まさか!このキットのデカールも高額に?…帰ったらチェックしてみます。


412T1は3回目のクリアー吹きの乾燥中。
SBSH0008kau.JPG
今週は帰宅してからあまり弄れる時間も少なく、ジミ〜にBT46の下地作業を進めてました。この画像はエンジンの吸気ネットをFモデの製作例に倣って開口してみたとこ。1個開けたとこで稼動停止、だってコレだけですんごい時間かかったんすよあせあせ(飛び散る汗)
SBSH0009kau.JPG
全体を薄くすりゃ楽になるか?と裏から全面サンディング。結果あまり効果無し…。う〜ん、どうすりゃいいんだ?それこそ地道な手作業で1個づつ開けるしかないんかな〜。こんなときに「プラモつくろう」で紹介されてた「超音波カッター」でもあれば簡単なのにね。ちなみに今月の「プラモつくろう」はカーモデルがテーマらしく題材はFIAT500だったような…。
SBSH0015sut.JPGSBSH0016stu.JPG
とりあえず成型時のヒケや打ち出しピンの痕も多いキットなので、ポリパテ盛って均しとかないと。吸気部分をどう処理するかは後で考えよ。確かスタジオからエッチングが出てたよな?もう廃番だっけ?
SBSH0017eng.JPGSBSH0018eng.JPG
エンジンの方はプラグ部分に1mmの真鍮パイプをプラグキャップ風に埋め込んで、0.4mmの細い物に変更したプラグコードを差し込めるようにしときます。12気筒なもんでDFVとかV8に比べて、ファンネルやらインジェクターに燃料パイプと作業が1.5倍…程々にしとかんと時間かかってしょうがないかも。


posted by 新米パパ at 14:49| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 1/20 Brabham BT46B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわー、ヘンタイサイト誘引コメントに先越された↑

79は私も取り敢えずタミヤ×2とハセガワ×2が届きました。タミヤのはこのファンネルカバーがデフォで付いてるのが良いですよね。その分、デカールの不足が返す返す勿体ない。

 超音波カッターはこの作業ではあまり力を発揮できないと思いますで。あれ、カットした周辺のプラは熱で変形させやがりますんで、結果ピンバイスで穴開けて開口部を整形ってのと大して作業性は変わらないです。

 作業の効率が上がる訳じゃないけど、開口させる部分の周囲を
一旦スジボリ工具で深掘りしてから穴開け作業開始した方が
結果開口部の周囲が綺麗に整えやすくなるんですがやってます?
Posted by @河童 at 2010年06月05日 12:52
>@河童さん
ヘンタイサイトはいつも通り削除させて頂きました(^^;

お、河童さんは初っ端から各2箱ですか。うちはまず各1箱で必要になったらその都度にってことで。

何だ超音波カッターって熱も出るんですか?てっきり微細な振動だけで切れてるもんかと思ってた!まぁ高額な物なんで簡単に手出し出来ませんけどそうなんだ〜。

一応先に枠内をスジボリ堂ので深掘りしてから抜いてます。けど肉厚があるは数が多いしでメンドイっす(--;
Posted by 新米パパ at 2010年06月05日 19:49
↑正確には振動が激しすぎて摩擦熱で溶けるってことね。知人が購入したんだけど、豪快な切断には使えるけど繊細な切断には使えねぇっつってた。でもレジンやポリパテなら厚みにも依るけど結構綺麗に切れるんだと。
Posted by @河童 at 2010年06月05日 23:26
超音波カッターはプラモならある程度綺麗に切れます 厚物CDケースなどは摩擦熱で溶けますが、刃を超鋼に替えると摩擦で溶ける事とは少なくなりそうです 木は焦げます レジンは湯口スパット切れます 静岡ホビーショーで体験済みです 本気で購入検討してまうす
Posted by yoshi at 2010年06月06日 00:07
>@河童さん
あ、なるほど摩擦熱でっか。使える使えないは別にして、その切れ味を体感してみた〜い。「プラモつくろう」でガンダムネタのときだっけかスパスパ切ってるのを見て凄〜って。値段が…諭吉三人はちょっと(^^;
Posted by 新米パパ at 2010年06月07日 09:55
>yoshiさん
ほほう、刃にも色々あるとは知りませんでした。超鋼って聞くだけで硬そうですね〜。
ホビーショーで体験コーナーなんてあるんですね!自分の場合は使う頻度と価格の費用対効果がまだまだ吊り合わないもんで欲しいけど購入は…です(^^;
Posted by 新米パパ at 2010年06月07日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。