2009年10月13日

ライトカバー

三連休終了〜。この期間中に幕張ではホビーショー、お台場ではMSFが開催されてて、両方の会場をハシゴでもしようかな〜と嫁サンに「見に行ってきてもいい?」と聞いたところ、

「新型インフルを絶対持ち帰らない自信があるならいいよ。もし持ち帰って来たら二度と家に入れないけどいい?」

との返事ふらふら
冗談ではなく「真剣」と書いて「マジ」と読む状態なので断念。そういう大勢の人が集まるようなイベントに行くのは、最近になって出荷が始まったという新型用ワクチンをせめて娘が接種し終わってから!と釘を刺されました。
MSFに行ってきた会社の先輩の話しを今日聞いたのですが、不況の影響がモロに出てて昨年に比べ大幅に規模や内容も小さくなってたそうです。しかも昨年まで無料だったデモ走行の観覧が有料だったとか!おいおい、この手のイベントで金取ってたらお終いでしょ?これ以上モタスポファンを減らすような事してどうすんですかね?目立った内容も無く先輩からは行かなくて正解だったよと言われました、来年の開催はあるんでしょうか?イベント

ホビーショーの入りはどうだったのかな?車種選定はともかく大御所タミヤからの新作F60に、少々無茶乱発気味なフジミからの新作FW14B、ハセガワは未だ312系以降は不透明ですが、とにかくブーム以上に新作が続いてます。それだけ売上があって利益が出てるんすかね〜。


さて、935も三連休の割には少ない内容ですが追い込み作業ですあせあせ(飛び散る汗)
SBSH0035sid.JPG
サイドの窓は実車のようにスライドまではしませんが、0.3mmの透明プラ板を分割して真ん中あたりを重ねて嵌め込んであります。こうするだけでキットのモールドだけの分厚いパーツに比べかなりリアルに見えます。
SBSH0037pon.JPGSBSH0038pon.JPG
続いて内径8mmのポンチを使い0.3mmのプラ板を抜きます。ポンチ自体はDIYで1サイズ1本200円ぐらい、サークルカッターだとセンターに針穴が空くので小さい丸はポンチで抜いてます。それを今頃になってですがボディと同じ赤で塗装、最初からボディやウィングと一緒に塗装しとけよ!って感じですがいつものことですw
何かというとフロントボンネットに付く給油口の蓋です。一つはデカール付属のマークを貼って、もう一つはボンネットのロゴに重なる部分なのでマスキングで型を取り白デカールに貼って切り出してます。デカールが乾燥したらラッカークリアを吹いて後は磨くだけ、なのですがボディのウレタンクリアを吹いた赤と微妙に色見が違うかも…やはり下地から同じ工程踏まないと色見がズレちゃうようで反省〜。
SBSH0040gfl.JPG
リヤウィングにはガーニフラップを追加。KSモデルのLアングル2.0×1.0をシールズシルバーで塗装、固定方法が正直不明なのでいざとなったら修正がきくように透明両面テープで止めてますw
そんでもってハワイアン935のポイントになるヘッドライトのカバーに着手です。
SBSH0041hlc.JPG
ボディ塗装前にライトの両側2ヶ所づつ入れておいたスリットにガーニーと同じKSモデル製のアングルの1.5×0.8だったかな?をシルバーに塗装して透明プラ板を挟んで差込みエポキシボンドで固定。
SBSH0044hlc.JPG
先止めした部分が硬化したら今度は同じアングル材をボディ色の赤で塗装し、透明両面テープで曲げ込み仮止めしたカバーを固定するような感じでエポキシボンドとマスキングテープでペタっと。
SBSH0046hlc.JPG
そろそろ硬化したかな〜と固定用のマスキングを慎重にペリペリ剥したらこんな出来になっとりました。一応少ない実車画像の見た通りの形状してると思います。ふぅ〜何とかなって良かった〜珍しく計算通りにいったなw
お次はこの横に付く半円柱状のメッシュカバーかな?さてハンダの準備しないとね。パッと見はコレが無い方が格好いいんだけどな…。


イベント業務連絡イベント

祭りのページを更新致しまして、完成画像の送り先アドレスや簡単にですがサイズや枚数の件も記載しております。11/11は一応エントリーの最終期限とし、そこから公開ページの作成を始めたいと思います。公開は12月上旬を予定してますが、公開前になんとか完成まで漕ぎ着けそうな方がいらっしゃれば前もってメールにてご連絡下さい。その辺は調整致しますのでモータースポーツ


【関連する記事】
posted by 新米パパ at 17:24| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 1/20 935 ポル模祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やってるね〜細かい仕事を。
っていうか、この作業はやはり赤を吹くときに一緒にした方が・・・笑
私は結構こういう作業が苦手。
どうしてもモチベーションが下がるのね。

祭りね、締め切り間違えていたから必死になってるって・・・笑
Posted by エル at 2009年10月13日 18:08
>エルさん
この辺りにくると残ってるのは細かい作業ばかりで…。給油口にLアングルとか今思うと何で一緒に吹かなかったの?と。他のところにばかり目がいっちゃって全体が見えてない証拠っすねw

例年通りの締め切りだとしても、おいらの場合エンスーなんて強敵を前にしたらとっくに白旗上げちゃってますが?(^-^;
Posted by 新米パパ at 2009年10月14日 10:04
ライトカバー目論見通りでおめでとうございます。KSモデルのLアングルとは初めて聞きました。サイズもいろいろあるようで重宝しそうですね。
川崎から大阪に引っ越して、残念なのがホビーショーやらモーターショーに気軽に行けなくなったことですね。あのオタクオヤジたちの独特の雰囲気♪
ポロリコメント(言い訳口上)考えておかないと。。。
Posted by haltica at 2009年10月14日 14:22
>halticaさん
KSモデルは主に鉄道模型で使われてる金属素材です、自分も存在をブログで教えて頂き鉄道模型店のIMONで購入しました。サイズや種類も豊富で価格もそれほど高価でないので以前行ったときに大人買いしてきましたw
関西でも鉄道模型を扱ってる大きなお店だったら取り扱ってるところがあると思います。

ホビーショーにモーターショー、新型インフルが無ければ行ったのですが…(-.-;
ポロリも名物?みたいなので楽しいコメント期待しますw
Posted by 新米パパ at 2009年10月14日 18:21
いいなぁー。素材関係が手に入りやすいってのは羨ましい限りですよ。情報入手して、運良く通販も可能で、ってなってもイザって時に「必要になるまで」とか「もっとまとめて注文しないともったいない」とか、結局買ってなかったり。

通販も便利だけど、店舗まで出かけていって現物を見ながらアレコレ考えたり、新たに他の物を発見したりなんてことができる方が楽しいすよね。

アングル材は洋白帯金を組み合わせてハンダ付けすることでも作ることはできますけどね。もともとあるなら、そっちを使う方が楽だしな。
Posted by ワタナベ at 2009年10月15日 11:19
>ワタナベさん
今では日本だけでなく世界中にそちらのお国で製造された物が溢れてるのに不思議ですよね。
そういやこの手の材料で極細真鍮パイプなど模型用で「中国語」明記な物を最近見かけますが香港?それとも台湾のなのかな?やはり入手は難しいでしょうか?
ちなみにIMONの場合材料関係はカウンター奥にストックされてるので現物を色々吟味は困難かも…お店のHPからリストを作成して店員さんに揃えてもらいました。なので購入した中には「コレは使わないかも…」って物もw

こんな細いアングルをハンダで…やっぱ楽させて下さい(^-^;
Posted by 新米パパ at 2009年10月15日 13:18
これだけキレイにできたボディにいろいろくっつけていくのはドキドキですね!ヘッドライトカバー、先に曲げてからくっつけるのかと思っていたんですが、このくらいのカーブだと大丈夫でしたか。経年劣化がちょっと心配…でしょうかね。

今年って(F1はあまりよく知らないですが)どのモータースポーツもクラッシュが少なかった年のように思います。チームからドライバーも相当厳しく言われてるんでしょうか。不景気の影響を真っ先に受ける業界ですから当然かもしれません。こういうイベントの規模縮小もこうしたことに影響を受けてるのかなって思いました。
Posted by Yoshitaka at 2009年10月15日 21:24
>Yoshitakaさん
そうそうボディだけはやたらめったらピカピカしてるからw
カバーは最初曲げたのを付けてみたのですが微妙にズレるんです。たぶん垂直がちゃんととれてなかった?なので少々無理がきくこの方法で。経年劣化で外れたらまた付けます(^-^;

先日の日本GPでもトロロッソの代表が何かとコメントでマシンを壊されてあ〜だこ〜だと愚痴ってましたもんね、成績よりもそれが一番辛いとこかな?だったらせめて一人ぐらい経験のあるドライバーにしとけば良かったのに…チームクルーが望んでた人選(琢磨とか)にしなかった弊害が最後に出ましたね。
Posted by 新米パパ at 2009年10月16日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。