2008年08月18日

実験

お盆休み終了〜もうやだ〜(悲しい顔)

と言っても土日を含めて4日間です。
前半2日間は猛暑、後半2日間は雨続きと、
遠出もせずにオリンピック見てたら終わってました(w

とりあえず前半戦で凄いなと思ったのは、陸上男子100メートル。
決勝で流して走って世界新って…ビックリしましたよexclamation

マラソン女子でディフェンディングチャンピオンが出場辞退して話題になりましたが、
今日の110メートルH予選で例の中国の選手が棄権ですかexclamation&question
ん〜見事に盛り下げてくれましたね…。
競技も残すとこあと1週間、どんな話題が出るんだろ…。


最近某居酒屋模型店の店長さんのブログで「黄変したデカール」を元に戻す方法として直射日光に当てる!というのを読みまして、
凄い気になってたのでおいらも休み中試してみることにしました。
そもそもデカールが黄ばんでしまったのは紫外線を含む日光などに当たってしまったからと思い込んでいたおいらです。
まさか日光に当てることで黄ばみが取れるとは想像だにしていませんでした。
で、この日光バリバリの猛暑日に黄ばんだデカールを晒して実験晴れ
実験体は超黄ばんだ古いタミヤのRE30B用純正デカール。
ベランダの日当たり良好な場所にパッキングした状態で2日間放置プレーしときました。
結果は…
F2007 100.jpgF2007 101.jpg
左が放置前、右が放置後です。

「おお〜!マジで白くなったよ!!」

画像でも解るぐらいだと思いますが、見た目全然違います。
いや〜目から鱗っす、ひび割れとかも一応起きてないし…。
この方法でハセガワ製などの模型のデカールも黄ばみが取れれば、
黄ばみが酷くアフターも無く積んでる状態の模型が日の目を見れそうですわーい(嬉しい顔)


posted by 新米パパ at 17:53| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
劉翔ね。私ゃ彼のことはキライなのでどうでもいいですわ。

デカールを陽にさらすと白くなるってのはどういうメカニズムなんですかね。湿気を含んで黄ばんでしまったのを乾燥させるってことなんでしょうかね。

考えてみれば私も RE-30B とか BT50 とかは社外品を入手してしまったので気軽に実験に使えるんですな。そのうちやってみようかな。
Posted by ワタナベ at 2008年08月18日 18:05
昔漂白剤を試しましたが、どの漂白剤もダメでしたよ たしか6種類ぐらい試しましたよ 軟化剤で溶けそうなデカールは漂白剤で硬くなると聞きましたが、ほとんど溶けたデカールはリカバリする前に諦めているので試した事ないです(笑) クラフト紙テープのツルツル面に瞬着垂らすと固まらず慌てず作業できますよ
Posted by yoshi at 2008年08月18日 23:16
>ワタナベさん
劉翔。特別興味は無いんですが、なんでも1度スタートしてから棄権したとか…競技前に出場辞退は言いづらいので始めから予定通りの行動?う〜ん策士だ(w

デカールが黄ばむのはどうも空気に触れるのが原因なのか、同封されてるタイヤなどゴムパーツから揮発したガスが原因だとかはっきりしてないですね〜。
某居酒屋店長さんの実験では10分ぐらいであまり変化は無かったとのことですが、どうせジャンクデカールだと丸2日間さらしてたら超白くなりました(w
ぜひワタナベさんも実験してくだされ(^-^)

>yoshiさん
ん〜漂白剤はどれもやはりダメですか…。
自分も以前一度だけタミヤのF189だったかでマルボロマークをトライしてみたのですが、あっさり縮んでましたね(^-^;
デカールはカルト製みたいに長持ちしてほしいけど、あれは日本では使用制限がある薬品が処方されてるとか聞くのに販売はOKで不思議…。
Posted by 新米パパ at 2008年08月19日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。