2008年07月07日

仮組み

ダルいっす…ふらふら
熱帯夜で夜グッスリ寝られないのが原因かと。

7月に入った途端、不快指数の急激な伸びで湿気も凄く、
寝てるだけでじっとり汗ばむこの感覚が大嫌いですちっ(怒った顔)

かと言ってエアコンを稼動させて寝ると、一発で翌朝には風邪を引いてる体質。
寝付くまで扇風機を回したりするんですが、タイマーが切れて暑苦しくなると目が覚めるの繰り返しです…。
近年は梅雨が明けても空気がカラっとせず熱帯夜が続くので、あと1ヶ月以上はコレが続くんですかね〜。
去年みたく6月が思ったより暑くなかったので、その分9月まで残暑が続きそうと予報で言ってたような…ふらふら

涼しい避暑地で模型造りでものんびりした〜いと妄想中です(w


さて、狭い模型部屋で扇風機の生暖かい風を受け、汗をかきながら本格的に祭りのスタートです(暑
F2007 015.jpgF2007 016.jpg
この鮫エラ、既に抜けてます(凄
多少バリがありますが、カッター程度で簡単に綺麗に出来ました。
そしてちゃんとレースの仕様に合わせパーツが細分化されてますわーい(嬉しい顔)
今回最終戦のブラジルGP仕様で作成します、マルボロ付の中国仕様も捨てがたいんだけど…(悩

そこで気になったのがココ。
F2007 017.jpg
ボディ本体とリヤセクションの間に結構な隙間が開きます、
説明書見るとこの部分は塗装以外で手を付ける要素が無いみたいなので、先になんとかしとかないとマズそうっす。

F2007 019.jpgF2007 018.jpg
リヤのアップライト内側の冷却カバーです。
これも既に開口済み♪カッターでバルジを整えるだけでした。
フロントのサスアームも規定の穴位置のまま、修正無しでどんどん組めます。

F2007 020.jpgF2007 021.jpg
リヤサスも見た目は複雑ですが、これまた予想以上に組み易い!
軽めの固定はマスキングゾルで密着させて、見えない下部のアームの固定などは、ピンだけだと弱いので定番のビス止めに変更しときました。

F2007 022.jpg
リヤのアップライトです。
ホイール、しかもカバー付でほとんど見えなくなるのが勿体無い造りになってます。
片方のアップライトだけで7個の部品が組み合わされていて、個々に仕上て組むのが楽しみっす!

F2007 023.jpg
足廻りの仮組みはほぼ出来ました。
後はタイヤも付けて車高のチェックと、フロントウイングのレベル合わせぐらいで全体の仮組みは大丈夫だと思います。
なんか忘れてるかな?と思うぐらい順調で、ほんと〜に組み易くてストレスフリーなキットにビックリしてますわーい(嬉しい顔)
単に比較対照がクラブMとトランスキットしか経験の無いのが理由だとも(w


posted by 新米パパ at 15:31| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 1/20 F2007 ヒロ模祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑いですね! ところでヒロ?なのに以外に隙間でますよね ポリパテ結構入れました 自分ももう一度中国GP作ります それから色はどうします? 付属の塗料もいいですが、BBRからも発売になりました 凄い気になりますが、白が蛍光色のように犯されるようです 見ていませんがクリアーレッドがかなり入っているのかも? 決まれば綺麗そうなので取り寄せる予定です 310Bの色は参りましたが、専用色と言うネーミングに弱い自分です(^^
Posted by yoshi at 2008年07月07日 19:33
もう次ですか、しかも既に形見えてきてるし(笑
ほんと、高精度なキットの様ですね。無駄に空力付加物が多い車体なので
精度が高めで組み易いという事が物凄く有り難く思えてしまいます。
 今時の車を、昔の弱小ガレキメーカーが当時の技量で製品化したら、
空力関係自作作り替え部位だらけになりそうな感じ。
薄いパーツを平気でレジンでパーツ化してる困ったメーカーもあったな〜
Posted by @河童 at 2008年07月08日 04:17
おー、2007行きましたねー。これは楽しみ。
エラ薄いのに綺麗に抜けてますねー。DBR9の時は枚数が多いせいで薄く出来なかったのかなー。これはいいですね!

あとは足回りのバランスですね。ここが一番気になってます。果たしてヒロは期待通りになるのか・・・?
Posted by feyd at 2008年07月08日 10:54
>yoshiさん
昨夜も寝苦しかったです、明け方には少しマシになりましたが(-.-;
リヤの隙間部分は改めて見るとしょうがないのかもと…後ろからカウルのフィンを凄いことかわしながら差し込む仕組みなのでそのための余裕?にも見えますね。
色は今回素直に付属のマイカレッドで行きます!
BBRも気になってたのですが、扱い難しそうなんですね〜yoshiさんのレポート楽しみです(^-^)

>@河童さん
もう次です(w
99T進めながらもパーツの洗浄とか一部バリとりとか、平行して少々作業は進めてたんです(^-^;
既に形が見えるのはそりゃもうプロポーションモデルの醍醐味ですがな(爆
精度も良いのですが「ココはこうなってたら〜」と思う部分がちゃんとそうなってるのが驚きです。
メタルパーツが凄い薄かったり細かったりしてるので、ハンダ作業が今後怖そうな気が…(-.-;

>feydさん
feydさんやいとさんのDBR9製作記を見てて、鮫エラは抜けてないんだと思い込んでたんです、なもんで驚きました。ルーバーの切り方自体も違うのかな?
そういえばDBR9のガルフカラーが出ますね!ニュルブルクでの走行映像とかスカパーで見たりしてで欲しくなってきた…。
足廻りのバランスは「仮組み2」で検証中です(^-^)
Posted by 新米パパ at 2008年07月08日 13:37
いいなー、手間がかからなさそうで。
こうしてみると同じヒロの製品でもリリース時期によって全然品質が違うので、そういう違いを見るのも楽しみです。

カウル関係は筋彫りがちょっと浅いみたいですけどどうなんでしょ。見た感じ、レベルみたいに見える。w

あと、フロントの冷却カバー、結構ややこしい形状してるのにス穴があるようですが、下処理は大変そうだなー、と。
Posted by ワタナベ at 2008年07月08日 17:12
>ワタナベさん
ヒロ初心者のおいらにはひじょ〜に良いキットです。
フルメタルやエンジン付だったらこう上手くはいかないのは確実でしょう(^-^;

筋彫り。す、鋭いっ!ご指摘の通り彫りが浅くて塗装前に処理が必要だな〜と思ってました。
言われてみれば白いボディがよりいっそうレベルに見えてきた…(w

巣穴はこのカバーが一番目立ってます、他のパーツでは見えなくなる部分で何点かあるぐらいです。
下地処理もですが、あちこちカーボン模様が凄そうでその辺は苦労しそうです(^-^;
Posted by 新米パパ at 2008年07月08日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。